検索
  • RUI

オルガニート


オルガニートの曲を作ってみた。

シート(カード)式手回しオルガニートは、

穴を開けて作曲が出来るので、

自分の曲や多くの曲が楽しめる。


映像の前半と後半は違う曲を聞こえるけど、

実は同じシートです。

ただ紙を裏返して、音を上下置き換えて、鏡像のように。

それはクラッシックの「反行形(Inversion)」という作曲技法です。

半音がないオルガニートは、紙を反面にすると、

B→B

A→C

G→D

F→E

E→F

D→G

C→A

音の順列はこういう風になります。

ルートの音はCからAになったので

短調になりました。

映像の曲↓



「反行形」は16世紀のフーガが代表でよく知られているけど、

有名なパガニーニの主題による狂詩曲の第18変奏のメロディーも反行形で、

全く別物に聞こえる。あれ?どこから変奏?って知らない人が多い。

オルガニートの曲を書くにはいくつルールがある。


1、シンプルタイプなオルガニート(20弁)は調号がないので、C長調とA短調(Natural minor scale)或いは一部教会旋法(Gregorian mode)など無調号で書くのが基本。


2、同じ音を狭い間隔で続けて使うと、音が出てにくくなるので、同じ音が続く場合は、間隔を開けたほうが理想。ゆっくりハンドルを回す曲なら大丈夫かも。


3、和音を表現するとき、分散コードやアルペッジョのように少しずれた方が綺麗に聞こえる。



初心者でもできるので、是非試してみてくださいね。

もちろんこちらもオルガニートの作曲編曲の依頼をお受けしますよ。笑

2回の閲覧