• RUI

長調と短調。


4歳の時、ピアノ先生から音階を教えてもらった。

音階って、長音階と短音階二種類がある。

長音階の方は明るく、短音階の方は暗く、

長調と短調も同じ。

そこが不思議なのだ。


4歳の子供は、短調=暗いってなぜ分かる?

人間って、短調を聞くと暗く感じるDNAを持ってるでしょうね。

科学的に、音程短3度の周波数は不安定を感じるので、

マイナス感情を生み出しやすそうです。


つまり音感って、味覚などと同じく、

生まれつきものです。

曲調を変えて、人の情緒が変わる。

その反対、人の情緒で色んな曲調を作る。

さらに、人の感情を誘導する。

それは、私今の仕事です。


でも4歳の時と違って、30年後の自分にとって、

長調と短調のイメージが変わりました。

「失恋の時に聞く歌」を検索すると、

長調の曲が多くて、切ない。

「かっこいい曲」を検索すると、

短調が多くて、疾走感。


年齢を重ねれば重ねるほど、

極端的な二つ分けの考え方ができなくなり、

感情も複雑になる。

「明るく見せる人は闇深い。」

「人の善意で人を傷ついてしまう。」

「好きだからこそ許せない。」


料理に例え、

卵かけご飯から、

オムライスに進化するってことです。

そのために、色んな食材の味を知り、

まず泣きながら玉ねぎを切る。

自分に素直、醜い世界を受け入れる。

自分は、人性を探求することに興味があって、

作曲をやっているかもしれません。

芸術って正解がありません。

人生は芸術品であるってことですね。